確定申告を郵送するときの返信用封筒の切手代はいくらにすればいい?

確定申告,返信用封筒,切手代,青色申告

返信用封筒の切手代は82円切手と92円切手どっちを貼ればいいんだろう?

確定申告で白色申告や青色申告を郵送するとき、控えが欲しいなら返信用封筒を同封します。

『82円切手か92円切手を貼って…』なんてサイトに書いてあったけど、結局どっちを貼ればいいの?なんて悩んでいる人もいるのでは?

この記事では、そんなちょっとしたお悩みを解決します。

確定申告での返信用封筒の切手代は82円で大丈夫!

結論からいうと、返信用封筒は82円切手で問題ありません。

実際にわたしは、青色申告で返信用封筒に82円切手を貼って税務署に提出してみました。

後日、返信用封筒が過不足なしで戻ってきましたよ。

戻ってきた控えはコレ!
  • 封筒の種類:定型郵便用の長形3号
  • 確定申告書Bの控え:2枚
  • 青色申告決済書の控え:4枚

まぁ際どいところなんですよ。戻ってきた封筒の重さはジャスト25g。封筒の種類やらなにかの要因でギリギリ越えてしまう可能性もあります。

実際に10円不足で戻ってきたという人もいるようなので、返送してもらう書類が多い人や不安な人は92円切手のが安心かもしれませんね。

参考:定型郵便物の料金

  • 25g以内:82円
  • 50g以内:92円
注意
返信用封筒が定型用封筒よりも大きい場合、定形外郵便物となって切手代が不足する可能性があるので注意してください。

定型のサイズは23.5×12cm、厚さ1cmまでです。長形3号、長形4号の封筒なら定型扱いとなります。

もし切手代が足りなかったら確定申告の控えは戻ってこないの?

たとえ切手代が足りなかったとしても、確定申告の控えは戻ってきます。

なぜなら税務署の方で返信用封筒を送るときに『不足料金受取人払』というハンコを押すようになっているからです。

万が一切手代が足りないときは、封筒と一緒に『料金不足のお知らせ』というハガキが投函されます。後日、不足分の切手代を貼ってポストに出せばOKですよ!

確定申告の返信用封筒に不足料金受取人払の文字が!料金が不足していたの?

確定申告の返信用封筒には切手をしっかり貼って郵送しよう

わたしは今後も確定申告をするときは、82円切手を貼って提出する予定です。

切手代は返信用封筒に貼った状態で出してくださいね。切手は小さいので、しっかり貼らないと郵送時にどこかに紛れてしまう可能性があります。

切手の貼り忘れには気をつけましょう!

確定申告の控えを提出し忘れた!返信用封筒には何が返ってくる?

確定申告の還付金が遅い!いつ返ってくる?早く返金してもらう裏ワザ確定申告の還付金が遅い!いつ返ってくる?早く返金してもらう裏ワザ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA